関東のゴルフ会員権取り扱い47年、大手町の昭和ゴルフサービス

ゴルフ会員権とは?

  • HOME »
  • ゴルフ会員権とは?

ゴルフ会員権(ゴルフかいいんけん)とは、会員制のゴルフ場の利用権のことです。
「ゴルフ会員権」はゴルフ会員「権」となっております。「権利」であることはご理解頂けると思います。
この「権利」は、預託金返還請求「権」と施設優先利用「権」の複合的な「権利」とされております。
「保証金」となっているところもあれば、「株式」となっているところもあります。
市場で取引されており、株式のように時価で売買されます。

預託金とは

何も無い所にゴルフ場を造るために資金が必要で、その資金を金融機関以外の他人(一般の個人や法人)から集め無利息で預かったお金のことです。この預けて有るお金を返してくれと「請求する権利」が「預託金返還請求権」です。

保証金と株式

会員権には「株式」の形態をとるところと、「保証金」の形態をとるところがあります。多くは後者の保証金の形態を取ります。前者の株式方式は、戦前からの古いゴルフ場に多く見られます。

「保証金」の場合、退会あるいは入会後の一定期間の据え置き後に要求すれば(規定上は)返金されるが、市場価格の方が高額になっていればそのクラブに「退会などによる返金」を求めるより売却したほうが有利ですので、市場で売却するのが一般的です。

後者の場合、市場価格が低い場合には、入会後の一定期間の据え置き後の保証金返還の要求が見込まれ、ゴルフ場の経営を圧迫する事態にもなっています。

名義書換料

記名式会員権の場合、利用者が変わったら名義を変更しなければなりません。例えばある会社で社長個人の名義になっていて、社長が変わったときは、名義を新しい社長のものにしなければ新しい社長は会員権を利用できません。

名義書換料(名義変更料)

ゴルフ場によって異なるが、100万円以上かかるゴルフ場もあります。このため、ゴルフ場の主要な収益源の一つとされています。

名義の書換を行う場合、ある程度の格式があるクラブでは、推薦人に推薦文を提出してもらい、新たに会員になることを希望する者の経歴(勤務先、住所、顔写真)をクラブ内に掲示し、既会員から異議がなければ入会を認めるという方針のところが多くあります。したがって、会員権を購入しても会員になれない(名義書き換えができない)場合もあります。実際には名義変更ができないというケースはあまり聞きませんが、もしそういった場合会員権売買業者が引き取るということになります。

推薦人は、原則そのクラブの既会員であることが条件にされていますが会員権売買業者が推薦人をあっせんすることもあります。

年会費

ゴルフ会員権所有者(クラブのメンバー)は会費を負担しなければなりません。通常は年会費制で1年に1回払うことが多いです。自動引落または郵便局・銀行等で払うのが一般的です。年会費はゴルフ場によってさまざまであるので一概に何円ぐらいとは言えません。年会費の安価な会員制度(例えば、「平日会員」など)を設けてあるクラブも多くあります。

メリット

員制のゴルフ場の会員(正式メンバー)となり、
優先的な利用や様々なサービスを受けることができる権利のことを言います。

メンバーになるメリット

  1. ビジターより優先的に予約ができます。
  2. ビジターより割安でプレーができます。
  3. ハンディキャップが取得できます。
  4. ゴルフ場主催のクラブ競技に参加できます。
  5. ビジター同伴も可能。メンバータイムを利用し、一人でもエントリーできます。
  6. クラブライフを通じ、たくさんのゴルフ仲間ができます。

ホームコースを持ち、
気の合う仲間や夫婦・家族でプレーを楽しむ方
競技会等1人でプレーを楽しむ方
プレースタイルはいろいろですが、まず会員(メンバー)になることが必要不可欠です。

PAGETOP
Copyright © showagolf service co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.